入念なチェックを!印刷依頼時に気を付ける事

印刷物をつくる際に用意する物とは

自叙伝を作りたい、同人誌を作りたい、写真集を出したいなどと考える場合には、業者に印刷依頼をする事になるかと思います。その際に準備しておく物や事を覚えておきましょう。物は原稿程度ですが、ただ書けば良いと言う物ではありません。デジタル入稿が一般的になりつつある現代において、装飾やフォント、デザインも自分で決める場合が多くあります。そして手書きにしろデジタルにしろ、原稿を作成する為の道具は必要です。逆に考えれば道具さえあれば原稿作成が出来るので、まずは道具を揃えましょう。

業者の見積もりを比較する

印刷をしてくれる業者は多く存在します。その中から選ぶのは難しく、コツと言う物はありません。自分が作りたい冊子のデザインや項数と印刷価格を比較するなどして根気よく探します。冊子は数が多ければ多い程1冊辺りの単価が下がるので、可能なら複数冊子を印刷するのがお勧めです。勿論1冊からでも印刷してくれる業者はあるので、価格表を見比べるのが良いでしょう。印刷方法やトナー種類などでも価格が変わるので、サンプルを取り寄せるとじっくり吟味できます。

印刷依頼時の諸注意について

原稿も出来上がり、業者も決まったなら次は入稿です。デジタル入稿と郵送による入稿があり、どちらでも構いません。入稿時に気を付ける事は、原稿が業者の指定するように出来上がっているかです。A4冊子で印刷を依頼したのに原稿がA5サイズでは品質が落ちます。また、本文に使用する紙によって背表紙の幅も変わるので、表紙や裏表紙を指定通りのサイズに合わせておく必要があります。ミスがあった場合には業者側から連絡が入るとはいえ、ノーミスが基本です。

パソコンの使用により自分で封筒印刷を行うことが可能ですが、設定を誤ると印刷ミスが生じることがあります。封筒のサイズや印刷する図柄の位置などを正しく設定して丁寧に扱うことが失敗しない条件です。