代理店の中でもやりがいを感じるジャンル!広告代理店の仕事

広告代理店の仕事って?

代理店は主に、人と関わる仕事です。その中でも広告代理店は、商品に対してクライアントと打ち合わせし、どのような宣伝をするかを提案する仕事をしています。宣伝といっても、媒体は多岐に渡り、TV、ラジオ、新聞から、電車の中吊り、雑誌、インターネット広告まで、実にさまざまなものに関わることが出来ます。クライアントの商品をどのようにみせるかを考え、より良いイメージアップをしていくかを提案していくのに、常に新しいものや情報へアンテナを張ることが大切です。

広告代理店に必要なスキルとは?

広告代理店に勤めるのには、やはり提案力・営業力が大切です。もともと物作りが好きな人が多く、色彩やグラフィックデザインの勉強をしているとなお強みになります。また、クライアントが何を伝えたいのか、話を理解し聞く力がとても大切です。世の中の流行や世相を敏感に感じ取ることも重要ですね。クライアントの言っていることや、制作をするクリエイターの言っていることに相違がある場合、中を取り持つことも必要な仕事となります。

広告代理店のやりがい

広告を一から作ることは、打ち合わせからアイデアを出し、制作に取り掛かり、さらに打ち合わせをし、修正を入れ・・・と、完成まで大変なことばかりです。しかし、その分、宣伝物が出来上がった時の喜びは大きいと言えます。プライベートで過ごしている時に、ふと自分が関わったCMや広告を目にすると嬉しいものですね。広告によってクライアントの売り上げもアップしたり、訪問者が増えたりと、成果が目に見えることもやりがいへつながります。

代理店の募集では新規立ち上げ・開業・独立の際に活用することができ、インターネットから募集ができます。