知ってますか?自営業を始めるために重要な3つのこと

事業分野の選択が重要です

自営業を始めるために必要なことはいくつかあります。まず、事業としてどのような事を行うのかを決めなくてはなりません。インターネットを使ったショップ経営や対面式のコンサルタント業、物品の販売業など、様々なケースが存在します。会社員が退職して自営業を始める場合は、会社と同じ事業分野で独立して事業を展開することが多いです。また、会社とは全く無関係の事業を行う人もいます。選択する分野については慎重に検討しなければなりません。

事業計画を立てましょう

事業分野を決定したら、まず事業計画を立てると良いでしょう。そうする事により、今後の見通しを現実感を持って行うことができます。自営業をすると決めただけでは漠然としていたビジョンが明確になるのです。事業計画を立てることにはもう一つの意味があります。それは融資を受ける時に有利になるということです。自営業を開始するにあたり、銀行に融資を依頼することは多いです。その時に、融資を実現させる説得材料として使えるのです。

経理面の準備が必要です

事業計画を立てると、いよいよ事業を開始したくなります。しかし、もう一つ重要なことが残っています。それは経理面の準備です。会社員であれば、経理関係の煩わしいことは経理を担当する部署に任せられました。しかし、自営業の場合は自分で経理を行わなければなりません。税務署に開業届と青色申告承認申請書を提出します。そして、複式簿記による経理を行うために、会計ソフトを購入すると良いでしょう。事業を行いながら経理を行い、年度が終わると確定申告を行うことになります。

フランチャイズとは、加盟する事業者が本社からサービスや商品を取り扱う権利をもらって商売を行い、その対価として本社に所定額を支払うというビジネスモデルです。