倉庫とひとくちに言ってもいろいろとあるものなのですが・・・

物置から押入れまで・・・倉庫にも大小様々なものが

倉庫とひとくちに言っても、大きなものから小さなものまで、またその用途も実に様々なものがあるわけですね。たとえば、家庭にある物置というのも倉庫の一種ですし、それこそ室内にある押入れも倉庫の一種、と言えなくもありません。物置はまだしも、さすがに独立した建物になっていなければ倉庫とまでは呼べないでしょうから、押入れは除外としても、では官庁や大企業の資料庫のようなものはどうなのかといえば、大量の資料などが保管されてはいるものの、建物の中の一画にあるもので、これもまた、独立した建物にはなっていないわけなのです。

トランクルームという倉庫の新顔も用途は様々で・・・

一般的には、倉庫といえば○○倉庫と名乗っているような建物のこと、というのが常識的な感覚でしょう。最近では、トランクルームというものが普及してきているので、これも倉庫の一つとして認められているものと言えます。このトランクルームにも、従来の倉庫と同じように大量の物資を扱っている企業が利用するような規模のものもあれば、一般家庭の人が自宅には収納しきれないものをしまうために利用できる、といったコンパクトなものまであるわけです。

古代国家の穀物倉から発祥した倉庫?

この倉庫というものの歴史は古くて、その発祥から観てみれば、収穫された農作物を貯蔵しておくための穀物倉というものが倉庫の原点、と言えるのではないでしょうか?古代社会というのは農耕を基盤した社会でしたから、農民の作る作物が税として徴収されて、それで古代国家が運営されていたわけなので、徴収された穀物を貯蔵しておく穀物倉という倉庫が、国家の財源を蓄えておく金庫のような役割を果たしていた、というわけなのです。

物流とは物的流通の略です。漢字からわかるように簡単に言えば物の流れです。物を、生産者から消費者へと渡すことです。その中には、包装や配送、保管といった作業もあります。それをまとめて、物的流通といいます。